シミ治療には正しい洗顔を

シミの原因になるのは紫外線だけではありません。実は日々摩擦によってメラニンの生成が活発になり、それが肌に残ってシミになっている可能性もあります。摩擦の原因として最初に見直したいことの一つに洗顔があります。洗顔は肌に付着した汚れや毛穴の奥に詰まった皮脂を綺麗にするために行いますが、力を入れ過ぎると肌への負担が大きくなります。

負担を減らすことが治療になりますので、まずは洗う時にこすることを止めます。こすらずに洗うにはどうしたら良いのかというと、泡を利用します。洗顔剤などをよく泡立てて細かな泡を作ることで、クッションの役割を果たしてくれます。実はこの泡はとても優秀で、毛穴の奥深くまで入ってしまった汚れや皮脂を吸着してくれます。

ですから、毛穴を綺麗に保つという意味でも泡洗顔はおすすめです。洗顔剤でピーリングを行うという方法もありますが、これは肌の強い人向けの治療法です。弱い人が行うと、色素沈着の原因となってしまう可能性もあります。ピーリング洗顔は毎日行うものではなく、週に1~2回程度で十分です。

顔を洗ったら、すぐに保湿をすることも忘れてはいけません。肌が乾燥するとバリア機能が衰え、外的刺激を受けやすくなります。そうすると防御反応としてメラニンの生成が活発になってしまいますので、メラニンの生成を抑えるためには保湿を行ってバリア機能を正常に保つ必要があります。保湿もシミ治療において重要な役割を担っています。

新宿でしみ治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です