シミには種類ごとの治療法を

シミにもいくつかの種類があります。治療を開始する時には、その種類に合った対処法を考えなければなりません。ごく小さなシミが点在している場合には、角質の汚れによるくすみが疑われます。古い角質がいつまでもはがれ落ちず、表面に付着していることが原因です。

肌全体が黒ずんで見えたり、全体的にザラザラしている時にはこのタイプです。治療法としては、古い細胞が剥がれやすくなるような成分の含まれている化粧水を使うことが有効です。メラニンを含む古い細胞の排出を促すことで、新しい細胞が生まれやすくなります。30代以降になると肝斑もよく見られます。

シミの色が濃いのでメイクで隠すことが困難です。頬、鼻の横、口周辺など様々な場所にでき、左右対称になっていることが多いのが特徴です。このタイプの治療には内服薬がとてもよく効きます。最近では肝斑のケア専用の商品も売られています。

日焼けによるシミは、数年が経過してから表れます。肌代謝を高めて薄くしていくケアと、今後作らないように紫外線対策を行うケアを同時進行することが有効です。その他、ニキビなどの炎症を起こしている部分に紫外線を当ててしまうことでシミになるケースもあります。炎症を起こしている部分はとても無防備な状態になっていますので、直接紫外線に当てないようにしなければなりません。

色素の濃いものが多いのですが、時間の経過と共に自然に薄くなっていくことが多いので、それほど悩む必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です