シミ治療には紫外線対策を

シミ治療には紫外線対策が重要です。ついうっかり浴びてしまってもすぐには影響が表れませんので油断しがちですが、数年後にでてきます。外出をする時には日焼け止めクリームを塗ることが必須であり、1日の終わりのお肌ケアも忘れてはいけません。日焼けをしてしまうのは、何も外出をしている時とは限りません。

室内であっても日差しの入る窓際などに座る時は注意が必要です。出先でも、お店の窓際の席で食事を摂る時は気をつける必要があります。ついうっかりを繰り返しているとお肌が日差しを浴びたという記憶をためこんでしまい、数年後にシミとなって表れます。日差しを浴びて細胞が炎症を起こすと、メラニンの生成が活発になってしまいます。

そのままにすると色素沈着を起こしますので、早急に適切なケアを行わなければなりません。まだ日焼けによる火照りが残っている肌には、氷水で冷やすのが一番の治療です。冷やして火照りをしずめることで、シミの発生を防ぐことができます。火照りが治まったら、保湿を行います。

強い日差しを浴びた後はお肌が水分不足を起こしています。化粧水をつけてもすぐに浸み込んでしまいますので、つけ過ぎだと感じるくらいにたっぷりとつけることが大切です。日焼け後の肌のケアは、早ければ早いほど効果をあげます。治療が遅れるとその分メラニンを生成する時間を与えてしまいますし、炎症が静まるまでに時間がかかってしまいます。

火照りが見られる時には鎮静作用のある馬油を使うのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です