シミは内側と外側両方からの治療が重要

シミを作りたくなければ、予防に勤しまなければなりません。というのも、予防はある程度効率良く行えますが、一度できてしまったら消すのには時間がかかるからです。シミの治療法には色々な選択肢がありますが、どれも総合的にアプローチするものではありません。しっかりと改善させていくには、内側からと外側からの両方から治療を行わなければなりません。

内側からのシミの治療法としては、ビタミン類を積極的に取り入れることや内服薬を利用することが有効です。体が本来持つ機能を正常化させて代謝を高めるという意味では、質の良い睡眠をとることも大切です。内側からのアプローチでは、シミのできにくい環境を作ることができますので、予防の面にも大きな効果を発揮します。外側からのケアでは、外用薬を処方してもらったり、美白効果の高い化粧品を利用したり、ピーリング作用のある洗顔剤を使うことが有効です。

どの方法も既にできているシミを薄くするのに効きますが、病院で処方されるもの以外は少し時間がかかりますので結果を急いではいけません。焦るあまり、色々な方法を短期間のうちに止めてしまってはもったいない話です。どうしても消せない場合には皮膚科でレーザー治療を受けるという方法もあります。ただし、種類によってはレーザー治療に適さないケースもありますので、医師に確認することが大切です。

最近ではレーザーと並んで光も人気であり、肌に優しいと評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です