美容整形で性格まで明るく

美容整形は昔の固定観念で、芸能界など一部の華やかな世界の人がするものといった認識が強くありました。芸能界の方は見られる職業なので、美しいに越したことはありません。ですが、昨今は考え方も多様化していき、一般人でも綺麗になりたいと思う方が多くなりました。日本人は元々、彫りの浅い顔立ちで、一重の方が多いです。

年頃の女性ならば、自分の顔を鏡で見ると、何かコンプレックスを持って、気にしてしまうでしょう。目の悩みは思春期から大人にかけて一番大きいでしょう。アイプチという道具があります。のり状のもので、瞼に塗ることによって二重のラインを形成するものです。

これをメイクの時に、毎日一重の方はやっている人がいます。ですが、瞼の皮膚は薄いので、腫れることが多く、デメリットも大きいのでお薦めしません。毎日、時間もかかることもあり、効率も悪いです。プチ整形という美容整形がよいでしょう。

埋没法という二重術は、メスを使わないで二重になれます。瞼の裏を2点の糸で縫い合わせることによって二重のラインを形成します。個人差は多少ありますが、一度埋没法をすると、生涯にわたって、二重をキープできる人もいます。プチ整形といっても、れっきとした美容整形に変わりはありません。

時間が経って、なじんでくると、自然な二重ができています。二重だと、目元の印象が明るくなるし、アイメイクも楽しくなります。コンプレックスの解消、性格の明るさが得られることもあり、美容整形は悩める人の味方になる画期的なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です