シミのタイプ別の治療法

お肌にポツポツとシミがあると、化粧をしていても浮いてしまい、人目についてしまうことがあります。お肌にできたシミは、見つけ次第にこれ以上範囲が広がらないように、何らかの対策をしておきましょう。対策として有効的な方法とされるものは、美白成分のある化粧品でケアをするか、またはレーザーで治療するかです。なるべくでしたら、レーザーの治療は体に負担をかけたくないので避けたい方が多いでしょうが、タイプによって、美白成分のある化粧品では対策できない場合もあります。

美白成分の含まれる化粧品で対策できるタイプは、炎症性色素沈着(過去の肌荒れじみ)・雀卵斑(そばかす)・肝斑となります。炎症性色素沈着は昔にできた傷やニキビ痕が元となって起こり皮膚に茶色となって残ってしまうもので、美白成分のビタミンCでケアできます。雀卵斑(そばかす)は日焼けや遺伝が関係してできてしまうもので、日焼けのものは美白成分でメラニンを抑えることでケアできます。ただし遺伝のものは、効果は薄いです。

肝斑は目の下にできるもので女性ホルモンが原因ともされており、そばかすと同じく美肌成分でメラニンを抑えることによりケアできます。レーザー治療での治療が必要となるシミのタイプは、老人性色素斑・脂漏性角化症(出っ張りじみ)となります。老人性色素斑は長年の日焼けが積み重なって起こり、奥深くまで沈着したシミはレーザーでないと消しにくいです。脂漏性角化症(出っ張りじみ)はホクロのように黒く盛り上がってできる良性腫瘍で、レーザー治療で瘡蓋状態にとることができます。

まずは自分のシミの種類を医師に判断してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です