皮膚科でのシミ治療とは

顔にシミができてしまうととても気になってしまいます。エステサロンや改善の市販薬やスキンケア用品など色々とありますが、シミの治療は皮膚科でも行うことができます。シミとはメラニンと呼ばれる色素が肌に沈着することで薄茶色から濃褐色の斑点ができるもので、その原因は紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。症状にも老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑などいくつかの種類があり、その種類ごとに治療法が異なります。

また一人の人に複数の種類の症状が混在することもあり、皮膚科を受診してその種類をきちんと特定し適切な治療法を見つけることが大切です。皮膚科では外用薬や内服薬による治療が行われます。老人性色素斑やそばかす、肝斑、炎症性色素沈着に効果があると考えられている方法で、美白作用のある外用薬と体の内側から美白する内服薬を服用します。外用薬ではハイドロキノン軟膏と言って漂白作用が強いものや、トレチノイン軟膏と言うコラーゲンを再生して皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを排出して肌のハリや弾力、潤いを蘇らせる効果があるものなどが処方されます。

内服薬ではメラノサイト活性化因子をブロックしてメラニンの発生を抑制するトランサミン、高い抗酸化作用でメラニンに働きかけて色素沈着を緩和するビタミンC誘導体、若返りの成分と呼ばれるビタミンE、美白効果のあるLシステインなどが処方されます。これらの薬は有効な成分が高濃度で含有されているため効果が高い分、副作用があると言うものもあるため服用には医師の指示をきちんと守ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です