シミを取る治療法はレーザー

顔にでてきたシミは気分を落ち込ませます。最初は何か汚れかなと思って、もう一度顔を洗ってしまいます。でもそれが洗っても落ちないとわかった時は本当にがっかりします。それで化粧品で薄くならないだろうかとコマーシャルなどで聞く美白などというのを使ってみるのですが、始めた直ぐの時は気持ち、少しだけ薄くなったような気がしますが、実はそのまま顔にあるのです。

いよいよお医者さんに診てもらおうと病院にようやく行きます。そこで初めて知るのですがシミというのは顔にできた、それを言うのでは無いのだそうです。いろいろな名前がついていて種類も6種類に分けられるとのことです。「老人性色素斑」これは一般的にしみと言っているもので紫外線の影響でできます。

本当に初期の段階だったら美白化粧品が効果があります。レーザーで取り除くこともできます。「肝斑」30代〜40代にかけて目尻の下あたりに左右対称にできます。改善するにはレーザーでは取り除くのが難しいので、内服薬が勧められているのです。

「雀卵斑」いわゆるそばかすです。遺伝的なもので生まれつきのものになります。レーザー治療で取り除くのが一般的ですが、遺伝的なものなので再発しやすいのです。「花弁状色素斑」アウトドアで紫外線を浴び続けたときに肩〜背中にかけてできるものです。

レーザー治療で取り除くのが一般的です。「脂漏性角化症」いぼのようにできるしみです。美白化粧品はほとんど効果がなくて、レーザー治療が一般的です。あとニキビあとや虫刺されなどがあります。

いわゆるシミの治療はレーザー治療が根本的に治すときには最適と思われます。お医者さんに行ってキチンとしみを取って明るい毎日を過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です