レーザーによるシミとり治療について

一般的にシミ取りというとレーザー治療が知られています。レーザーによるシミ取り治療とはレーザーをシミの部分に照射することで原因であるメラニン色素を焼き切るというものになります。このレーザーは原因であるメラニン色素のみに反応するレーザーなので他の皮膚には影響はありません。レーザー治療で気になるのは痛みですが、痛みに敏感な人にとってはかなり強烈な痛みを感じる場合もありますが、そういう方の場合は麻酔クリームを塗布したりすることで対処します。

一般的に感じる痛みの程度としては、皮膚に輪ゴムを弾いたような感覚とされています。通常一回のレーザー照射でシミを取り除くことができないこと、また肌への負担もあり、複数にわたり回数を重ねての施術となります。レーザー治療のプロセスとしてはレーザーの熱がメラニン色素に反応してメラニン色素が分解されます。つぎに照射された部分が軽い火傷のような状態になります。

時間がたつとその状態からかさぶたに変化して、その下に新しい皮膚が生成され、やがてかさぶたが剥がれ落ちます。はがれた直後は照射部分がピンクがかった色になっていますが、時間がたつにつれ徐々に周りの皮膚と同化していきます。新しい皮膚が生成される前にかさぶたが剥がれてしまったり、照射部分に紫外線をあててしまうと、色素沈着してしまう可能性があるので、そうならないようにケアをしっかりと行いながら施術をすすめていきます。レーザーによる治療は老人性色素斑や太田母斑に対しては効果を発揮するとされていますが、老人性色素斑と間違えやすい肝斑には効果がなく、誤って照射するとかえってシミが濃くなるといった恐れがあるので、医師によるきちんとした診断が重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です