シミの種類と治療方法のあれこれ

シミといってもその種類はたくさんあって、その症状に合わせて治療していくことが必要となります。まず一般的な日光性色素班は、顔や手、腕などの日光によく当たる場所にメラニン色素が沈着し、茶色い色素班としてできたものをいいます。この日光性色素班はレーザーや光治療などに対しての反応しやすいのが特徴で、傷跡を残さずにメラニン色素のみを取り除き、正常な皮膚を傷つけることがないQスイッチルビーレーザーなどが効果的です。脂漏性角化症、通称老人性いぼは、紫外線による皮膚の老化が原因で、角質細胞の増殖によりイボのように若干膨らんだ茶色いシミで日光性色素班と共にあらわれやすいものです。

炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザーなどが効果的です。そばかすは、遺伝としてあらわれることが多く、鼻を中心として左右にパラパラと細かい色素班が出ます。背中や肩などに出来ることも多く、再発しやすいシミであることが特徴です。Qスイッチルビーレーザーやトレチノインという効果のある塗り薬が治療として有効です。

肝斑は、目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに左右対称であらわれる地図状のシミで、原因は様々になりますが、女性ホルモンが深くかかわっているのではないかとされています。本来は肝斑に対してレーザー治療を行うと、症状を悪化させてしまうといわれてきましたが、現在では機器も進歩し肝斑に効く特殊なレーザーもあります。ただし、他のシミよりも治療の効果があらわれるまで時間がかかるので、根気が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です