しみ治療は専門医と自己予防の併用でさらに効果的に

「しみ」と一言にいっても、肝斑、老人性色素班、雀卵斑、炎症性色素沈着、など様々な種類があり、それぞれの原因も違ってきます。なのでそれぞれのしみに確実に効果的な治療ができるのは、やはり自宅でやるケアよりも専門医による治療の方が確実にしみを消すことが出来ます。よくある美白化粧品などは、しみに直接効果をもたらすというよりは、予防するためのものであってしみを消すことはできません。それに比べ、クリニックなどで行うしみ治療には様々な治療法があります。

それは内服薬、塗り薬、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミン?誘導体イオン導入、プラセンタ注射など原因やしみの大きさ、状態などによって様々な治療法を使い分けることが出来ます。場合によっては組み合わせることによって相乗効果をもたらすこともあります。しかし、しみ治療は一度やれば一生効果が持続するものではありません。しみが全くないという状態を常にキープしたい場合には、断続的にクリニックに通う必要があります。

しかし、しみ再発の予防として自分でもできることをすることによってしみはできにくくなります。それは1年を通して日焼け止めを塗る、しみ治療に効果的な化粧品を使う、などです。それによって一度消した部分に同じしみが再発することや、また別の部分にしみができることを予防できます。それでもできてしまった頑固なしみには、やはりクリニックなど専門医による治療が一番効果的です。

プロの手を借りつつ自分でもケアを怠らないことがしみを一番遠ざける方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です