シミの種類で変わるシミ治療

女性の肌悩みでよく聞かれるのがシミです。一般的にシミは日光に長時間当たることなどにより紫外線が肌に入りメラニンが活性化します。メラニンが活性化することでお肌に色素沈着を起こし、できたものがシミです。またニキビができたときに、むやみに触ったり放置することによって患部が炎症を起こして跡になってしまうことがあります。

そこに紫外線が当たるとさらに濃くなり、シミとなってしまいます。これらのシミもできてすぐの薄いシミの段階であれば、美白化粧品などで改善が可能です。また肝斑といわれる、頬骨あたりに広がるそばかすのようなシミは医薬品の服用で改善がみられます。しかし濃くなってしまったシミは、化粧品やセルフケアだけではどうするともできません。

クリニックなどでのシミ治療が必要となってきます。クリニックではまずカウンセリングをおこない、シミの種類によって治療法を決めていきます。シミ治療の種類としてはまず、フォトフェイシャルと呼ばれる光治療があります。これは複数の波長の光を肌に照射することでシミだけでなく、しわやニキビなどの肌トラブルにも効果があります。

しかし、濃いシミにはあまり効果がみられない場合があります。その場合はレーザー治療といった方法で治療していきます。レーザー治療は、単一の波長の光を肌にピンポイントで照射することでシミを治療することができるのです。光治療もレーザーによるシミ治療も保険適用外なのですべて自費負担になります。

新宿でシミ治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です