顔に出来たシミの種類によって行うシミ治療が効果的

近年耳にすることが多い肝斑という言葉をご存知ですか。肝斑は30~40代の女性にできる左右の頬に薄く広がるシミのことをいいます。シミ治療は濃く目立つシミよりも薄いシミの方が難しく、肝斑のシミ治療は時間がかかるといわれています。私達の顔に出来るシミは肝斑だけではなく雀斑(そばかす)や老人性色素斑、脂漏性角化症、色素沈着等の種類があります。

シミ治療はレーザーで行うイメージがありますが、効果があるのは老人性色素斑や雀斑です。特に老人性色素斑はレーザーが高い治療効果があります。肝斑は従来のレーザー治療ではシミが反って濃くなってしまいます。しかし近年では肝斑に有効なレーザーが開発されており、治療を受けると開いた毛穴にも効果があります。

この他のシミ治療には、内服薬としてメラニンを防止するトランサミンや抗酸化力があり色素沈着を抑制するビタミンC等が処方されます。塗り薬ではメラニンを排出する効果があるトレチノイン軟膏や漂白効果があるハイドロキノン軟膏等が処方されます。私達の出来るシミは1種類ではなく複数のシミが重なり合っている場合もあり、自己判断でシミの薬を使ってもなかなか効果が出ないことがあります。医師に相談してシミの種類に応じた治療方法を行うことがシミ解消の早道です。

シミ治療は、シワが解消やお肌の若返りにも効果があります。費用が気になる方は健康保険が適用される場合がありますので、病院での確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です